ハリウッドセレブの最新ゴシップニュースとファッションをウォッチング!
  

«前の記事  | HOME |  次の記事»

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




michael-jackson-mrsa-02.jpg

メディカルクリニックから出てきたマイケル・ジャクソン/Michael Jacksonの手の皮膚と爪が変色している写真を先日紹介したが、実はマイケルは耐性ブドウ球菌感染症MRSAのような皮膚感染症にかかっているのではないかと報告された。


イギリスのタブロイド紙The Sunが、マイケルはMRSAタイプの急性皮膚感染症にかかり抗生物質による治療を受けていると伝えている。

普通の抗生物質が効きにくいとされるMRSAタイプの耐性ブドウ球菌感染症は傷口から体内に入ると全身の肉を食べながら広がっていき時には命にかかわることもある。

そして時には感染して壊死した部分を切除しなければならないlこともある。

The Sunによるとマイケルが感染したのは鼻の再整形手術のときで、鼻腔にいる菌が傷口から入ったのではないかということ。ブドウ球菌は通常皮膚や鼻腔に住んでいてそのままでは害のないものだが、傷口から体内に入ると傷の治癒を阻害する。

最近撮影されたマイケルがビバリーヒルズのクリニックから出てきている写真ではいつものように顔はマスクをして隠しているが、見えている頬や手は赤く炎症を起こしているようで爪は色が変わり変形していた。

情報筋によると、マイケルは最近、崩れた鼻の再建手術を受けたということで、その時急性ブドウ球菌感染を起こしたらしい。

michael-jackson-mrsa-01.jpg

michael-jackson-fingers-02_20090213231225.jpg

鼻がもげないように再建手術したのに鼻を失うことになったら大変です。
抗生物質が効くことをお祈りします。





コメント
この記事へのコメント
かなり深刻ですね。回復をお祈りします。

昔のマイコーは本当にカッコ良かったから、マイコー関連の痛いニュースを見ると、もったいないといつも思います。
2009/02/14(土) | URL | オヤビン #-[ 編集]
どの抗生物質もきかなかったら命の危機です。
治っても、また鼻を形成し生きた皮膚を移植しないと人前に出られないもんね。
一体どうするんでしょう。
マイケルは現代のフランケンシュタインになっちゃった。
2009/02/14(土) | URL | スナフキン #-[ 編集]
>オヤビンさん

マイコーのパフォーマンスまた見れる日は来るのでしょうか?
同じ年のマドンナはまだ減益でバリバリやってるのに
残念ですね。


>スナフキンさん

元気になってノーメイク版スリラーパフォーマンスして欲しいですね!

2009/02/15(日) | URL | celebwatcher #3/d83tmQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

«前の記事  | HOME |  次の記事»



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。